人気閲覧ページランキング

思春期ニキビと違う大人ニキビ

ニキビ 大人ニキビ

 

大人ニキビ、という言葉をよく聞くようになりました。

 

思春期の吹き出物になやまされたチヒロから見れば、
大人なのに? と首を傾げたくなるのですが、

じつは最近、20代になってできる大人ニキビがふえているのです。

 

思春期ニキビと違う大人ニキビ、
ここではそれをくわしく紹介していきます。

 

 

大人ニキビとは?

ニキビ 進行

 

10代の少年少女にできるものとは違う
20代がかかる吹き出物の特徴は、大きく二つあります。

 

できる部位

10代の吹き出物の多くが顔にできます。
チヒロもひどい時期は顔中に吹き出物ができて肌が荒れていました。
しかし大人ニキビは顔よりも体にできます。

 

もちろん10代のものでも体にできることはあり、
大人のものが顔にできる場合もあって絶対とは言えません。
ですが、顔よりも背中や胸などに、
治りにくい吹き出物ができるのは大きな特徴です。

 

またあごの周辺にできるのも特徴で、
これは治りにくいうえに跡になりやすいといったやっかいなものです。

 

ストレスと生活習慣の乱れが大きな原因

こちらでニキビの原因はいろいろあると説明しましたが、
大人にできるものの場合はストレスが大きな原因です。
ストレスのほかにも、

  • 睡眠不足
  • バランスの取れてない食事
  • 運動不足
  • 不規則な生活

・・・といった生活習慣の乱れが大きな原因となっています。
とくにストレスと睡眠不足は大きく影響をあたえるようです。

 

このような原因があることから、
大人の吹き出物を治すためにはスキンケアよりも
生活習慣の見直しを行い、健康的な生活を送ることが重要となるのです。

 

 

大人ニキビと思春期ニキビの違い

ニキビ 大人ニキビ

 

ニキビの原因について説明したとき、
そのひとつとしてホルモンバランスの乱れをあげました。

 

思春期ニキビの傾向

思春期にできる吹き出物の原因の大きなものとして、
生殖器の成長が進み女性らしさや男性らしさがぐっとましてくる思春期は
ホルモンの影響で男女を問わず肌がオイリーになり、
毛穴がつまりアクネ菌の繁殖をうながして吹き出物が作られます。

 

しかし、その思春期の肌荒れを
まったく経験しないですごす人も少なくありません。

 

角質の状態や新陳代謝のスピードなど、肌質の違いによって
吹き出物ができやすい・できにくいは大きく変わってくるからです。

 

大人ニキビの傾向

思春期に吹き出物でなやまなかった人でも
20代をむかえ、吹き出物になやまされるケースは多いです。

 

20代といえば学校を卒業し慣れない環境に身を置いて
新人として仕事をはじめる人も多いでしょう、
新しい場所で頑張ろう、慣れないことを頑張ろうとするのは
自分で自覚する以上に大きくストレスを受けているものなのです。

 

また、そんな環境ではなかなか満足に時間が取れず、

  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • かたよった食事

といった、不規則で乱れた生活送ることになるでしょう。

 

ストレスと生活習慣の乱れ
この二つが深くかかわってくる大人ニキビは
仕事に生活にと忙しい大人に容赦なくふりかかってくるのです。



 

 

いま話題のケア商品