人気閲覧ページランキング

やっかいな背中ニキビ治療法

ニキビ 背中ニキビ

 

体にできる大人ニキビで、胸にできるものとともに
代表的なのが、背中ニキビです。

 

背中に吹き出物ができるのは皮脂腺が多いからです。

皮脂腺が多いということは、そこに大人ニキビを発症する
条件が整えば、そのまま多くの毛穴がつまりニキビができます。

 

これが背中に吹き出物ができる仕組みなのです。

 

また、入浴時にシャンプーが背中にのこったままでも
吹き出物ができる原因や、悪化する原因になります。

 

 

洗い方を見直して背中ニキビケア

ニキビ 背中

 

やっかいな背中ニキビ治療法をいくつか紹介しましょう。

 

まずは体の洗い方を見直すことからはじめて下さい。
ただしいケアを行えば肌を清潔に保って改善を手伝いますが、
間違った洗い方をすれば吹き出物を悪化させてしまいます。

 

やさしく洗う

吹き出物を作らないために肌を清潔にすることは基本ですが、
体を洗うときにゴシゴシとこするのは厳禁。

強くこすっても毛穴の中のアクネ菌を落とすことはできませんし
肌を刺激するだけです。つづければシミになる可能性も。

 

力を入れすぎず、肌を傷つけないようにやさしく洗いましょう。

 

石けんに気をつける

使用する石けんにも気をつけて下さい。
低刺激性で弱アルカリ性の石けんを使うのがよいでしょう。
石けんはたっぷりと泡立てて、その泡で洗うようにして下さい。

 

タオルに気をつける

体を洗うタオルにも気をつかいましょう。
刺激をあたえるナイロンタオルやボディブラシはさけ、
綿製のタオルを使うのがおすすめです。

 

シャンプーなどがのこらないようにする

上でも言っていますが、体にのこったシャンプーやリンスが
肌を刺激して吹き出物の原因になることがあるので、
体を洗うのは髪を洗い終えてからにしましょう。

 

 

入浴後はすぐに保湿する

ニキビ 背中

 

大人ニキビに大切なのは保湿をすることだと
こちらのページでも説明しましたが、背中ニキビにとっても同じです。

 

とくに入浴後は多くの水分が失われます。

 

なぜかというと、入浴中はお風呂のお湯につかっているので
肌がうるおっているように感じられますが、
実際は肌のうるおいを保つ保湿因子がお湯の中に流出して
失われているのです。お風呂上りにのどが乾くのはそういったわけです。
また、そのせいで入浴を終えた後の肌は乾燥しやすいのです。

 

そういった理由もあって乾燥肌の人には長湯はよくありません。
そして入浴後はできるだけ早く、保湿を行う必要があるのです。

 

ここでは入浴後の保湿ケアのポイントをお教えしますね。

 

すぐにタオルで水分を取る

入浴後はすぐにタオルで体の水分をふき取って下さい。
やわらかいタオルで、やさしく吸い取るようにしてふきましょう。
そのまま自然乾燥してしまうと、さらに肌の乾燥をまねきます。

 

3分以内に保湿美容液をつける

タオルで水分をふき取った後、肌にまだ湿り気がのこっているうちに
保湿ケアを行います。(湿り気がのこっている目安が3分以内)
湿り気がのこる間に保湿を行うと、
水分がなくなってから行うよりも高い効果が得られます。

 

保湿成分が入ったローションやクリームを
背中や、乾燥が気になるところを重点的にぬっていきます。
皮膚からの水分蒸発を防ぐ保湿剤である、ワセリンもおすすめです。

 

入浴中でもできる保湿ケア

入浴しながらでもできる保湿ケアがあります。
これからお教えするので、ぜひ試してみて下さい。

 

ぬるめのお湯につかる

熱いお湯は肌を乾燥から守る皮脂が抜け落ちる原因となる。
お湯の温度は高くしすぎないように気をつけること。

 

長風呂は止める

上でも言っているが、お湯につかっている間は
保湿因子が流れ出してしまっているので長時間の入浴はやめる。

 

保湿成分が配合された入浴剤を入れる

肌が保湿成分を吸収するので、入浴しながら保湿できる。
保湿成分の入った入浴剤を使う場合は
お風呂から出るときにシャワーなどで体を洗い流さないこと。

 

また、ここで紹介したものだけでなく、
こちらで説明しているホルモンバランスを整えて治す方法や
保湿して治す方法を合わせて行えばさらに背中ニキビケアに有効です。



 

 

いま話題のケア商品