人気閲覧ページランキング

胸ニキビのケア方法と治し方

ニキビ 胸ニキビ

 

女性の場合、胸まわりも皮脂腺が多く
大人ニキビのできやすいか所と言えます。
胸ニキビも背中にできるものと同じで治りにくいので、
状態が進行してしまう前に適切なケアと治療を行いましょう。

 

しかし背中の吹き出物より見つけやすく、簡単に手が届くので
しっかりと正しいケアを行えばきれいに治ります。

 

 

胸ニキビの原因

胸に吹き出物が発症する原因の大きなものとして、
胸にかいた大量の汗をそのままにしてしまう、ということがあげられます。
まずは汗とニキビの関係について説明しますね。

 

汗を排出する汗腺には二つの種類があります。

 

エクリン汗腺

全身のいたるところにあり、胸の汗もこのエクリン汗腺から出る。
毛穴とつながっておらず、汗孔をとおって肌の表面に出てくる。
おもな役割は体温調整と肝臓機能の補助。出てくる汗は基本的に弱酸性。

 

アポクリン汗腺

わきの下やへそのまわり、乳首、陰部などに存在している。
毛穴とつながって存在し、毛穴から汗を出す。
おもな働きは分かっていないが、フェロモンの分泌だと言われている。
アルカリ性でたんぱく質や脂肪もふくんでいるため、
細菌によって分解されると独特のにおいを発生するが、
これがわきがや加齢臭のにおいのもとになっている。

 

発汗のメカニズムとして、人は日常生活のいろいろな場面で汗をかきます。
エクリン汗腺から出る汗は皮脂と混ざり合って肌を防護する皮脂膜を作り、
この皮脂膜は肌を守り、うるおいを保つという重要な役割を果たします。

 

ですが大量の汗をかいたときにそれを放置しておくと、
肌にあるほこりや汚れと混ざり合って
毛穴に角栓を作り、毛包をふさいでしまうのです。

 

角栓とは皮脂腺と古い角質とが混ざってできる
白っぽいロウのようなものが毛穴につまった状態で、
放っておくと皮脂が排泄されなくなり吹き出物ができることがあります。
つまり、かいた汗をふかずにそのままにしておくと
ニキビ発症の原因となるのです。

 

また、シャンプーやボディシャンプーなどの洗いのこしも
吹き出物を悪化させる要因です。

 

 

胸ニキビのケア方法と治し方

ニキビ 背中

 

では、具体的な胸ニキビのケア方法と治し方を5つ紹介します。

 

背中ニキビと同じく、ここで紹介したものだけでなく
こちらで紹介しているホルモンバランスを整えて治す方法や
保湿して治す方法を合わせて行えば胸ニキビ治療によいでしょう。

 

清潔な下着を身につける

女性の場合は清潔な下着をつけることが重要です。
下着のよごれや付着した汗は意外なほど胸ニキビに刺激をあたえます。
胸の吹き出物をケアするときは清潔な下着を身につけましょう。

 

汗はこまめにふき取る

また、汗のかきすぎやふき取らないままでいることも原因になっているので
胸もとの汗はこまめにふき取るようにしましょう。
通気性のよい下着をつけたり、汗パットを使うのもおすすめです。

 

刺激をあたえないような衣類を身につける

下着や衣服がこすれて肌を刺激する場合もあります。
木綿のように、吸湿性にすぐれて肌触りのよいものがおすすめです。
ニットや化繊がチクチク肌を刺激し、吹き出物を悪化させることもあります。

 

髪が刺激をあたえるのを防ぐ

髪を伸ばしている人は、髪が胸に触れないように気をつけましょう。
こちらのページでも説明していますが、
毛先が胸や胸のまわりの毛穴に触れるたびに刺激となります。
ゆい上げたり後頭部でゆったりして、胸にかからないようにして下さい。

 

悪化したら皮膚科で診てもらう

背中、胸のもの両方に言えることですが、
自分でできる治療で改善が期待できるのは白、黒ニキビまでです。
炎症を起こしたニキビは下手にさわるとつぶれたり悪化して
跡をのこしてしまいます、皮膚科での治療も考えた方がいいでしょう。



 

 

いま話題のケア商品