人気閲覧ページランキング

ひどい顔ニキビ状態からの治療開始

ニキビ 治療

 

「ニキビ」というものは名前と簡単な知識だけは知っていました。
読んでいた雑誌やマンガでも名前を見かけましたし、
簡単な知識は保健体育の授業で教わりました。

 

 

ニキビが治らない!

 

「チヒロちゃんの顔、ニキビだらけだね!」

 

サイトの最初に用いたこの言葉ですが
これを、ある日友人に言われ、自分の顔の吹き出物の正体を知ったのです。

 

その当時ニキビについて知っている知識といえば、
思春期になれば誰にでもできるものだ、ということと
肌を清潔に保つ必要があるということだけでした。

 

「そうだったのか・・・」と驚いたものの
それ以上の情報などは調べず、ちゃんとした治療法も調べませんでした。

 

誰にでもできるものならばそのうち治ると気楽に考えていたし、
肌を清潔にする、という点で洗顔の回数をふやしたくらいです。
ベタつきが気になれば夕方や寝る前にも行いました。
しかし相変わらず洗顔料は効用も調べず母のを使っていたのです。

 

もちろん吹き出物は治るどころか、油性肌と相まってふえていく一方でした。

 

 

ニキビを治したい!

ニキビ 治療

 

顔ニキビの状態が一番ひどくなったのは中学二年生のころです。

 

 

ニキビが悪化した中学二年生のころ

今思うとこの時期は両親と上手くいかずにケンカすることも多く、
そのストレスが発症や悪化につながっていたのでしょう。

 

イライラする時はつい、顔をグシグシと乱暴にかきむしって
やっかいなニキビを潰してしまったこともあります。

机に向かって勉強をしている時に顔をいじるくせもあったので
肌荒れを刺激し、悪化させていたというのもあります。

 

ストレスとニキビの関係については後のページ
敏感肌を悪化させるくせについてはこちらで説明しています。

 

その結果、チヒロの顔はみごとに吹き出物だらけに・・・。
ニキビの種類進行状態にかんしては後のページでくわしく説明しますが、
炎症を起こして頬やあごの辺りが
赤く腫れ上がっていたこともめずらしくなかったのです。
ぶつぶつニキビと赤い腫れとでチヒロの顔は散々でした。

 

これが女子中学生にとって恥ずかしくないわけがなく、
前髪を目にかかるくらい伸ばしたり顔の輪郭を覆うように横髪を伸ばし
できるだけぶつぶつの赤ら顔をかくそうと努力しました。

それが逆に悪化させているとは気づかずに。

 

当時をふりかえってみれば、かくすための努力をするよりは
もっと早く治療に取りかかればよかったのに・・・と思わずにおれません。

 

 

ニキビ治療の開始

治療のきっかけは、

 

「チヒロ、ニキビがひどくなってるからちゃんと治した方がいいよ」

と、様子を見かねた母親に心配されたことでした。

 

先ほど話しましたが当時は両親とのケンカが絶えず、
関係もあまりよいものとは言えませんでした。
とくに母親とは二日に一度は口ゲンカをしていました。
その親からのストレートな指摘と心配にショックを受けたのです。

 

母親の目にもひどいニキビ状態であること、
反抗的で文句ばかりの娘を心配してくれたこと・・・。
その二つの点で大きく心を動かされ、治療しようと決心したのです。

 

それからすぐにチヒロは顔ニキビの改善法を開始しました。



 

 

いま話題のケア商品

ひどい顔ニキビ状態からの治療開始関連ページ

吹き出物ができた!
改善された私のニキビ