人気閲覧ページランキング

治療薬の選び方

ニキビ 治療薬

 

ニキビ専門の治療薬は、
チヒロが学生時代に治療を行ったころより飛躍的にふえました。
また、ドラッグストアや薬局で手軽に購入ができて
使用の方法も簡単な「市販薬」は身近な改善法と言えるでしょう。

 

ここでは、どのような成分の入った
どのような薬が肌の改善に有効なのか紹介したいと思います。

 

 

市販薬を使うときの注意

病院で処方してもらう「処方薬」ではなく、
ドラッグストアや薬局などで売られているものを
「市販薬」として区別します。

手軽に手に入る反面、市販薬にはデメリットもあります。
医師や薬剤師が症状を見て個別に処方したわけではないので
自分の症状や体質に合ってない薬を使う危険性があることです。

 

合っていないものを使えば症状が悪化してしまう場合もあります。

 

市販の治療薬の正しい選び方としては、
薬剤師に症状を説明してアドバイスを貰ってから
自分の症状に適するものを購入するのがいいでしょう。

 

症状や体質に合った薬を使うときも、
もちろん説明書きにある用量や用法をきちんと守って使いましょう。
たくさん塗ったり何度も飲めば早く治るということではないのです。

また、治療薬は継続したケアには向いているとは言えません。
症状が悪化したときなど集中して治したい場合に使用しましょう。

 

 

市販薬の分類

ニキビ 治療薬

 

現在市販されている治療薬の種類としては、
大きくわけてこれらのものがあります。
処方薬では飲み薬が多いですが、市販薬では塗り薬が多いです。

 

皮脂のつまりをおさえる

皮脂を分解して落としやすくしたり皮脂の分泌をおさえるなど
毛穴に皮脂がつまるのを防ぐ効果を持っている。
市販薬にはこのタイプのものが多い。

 

炎症をおさえる

イブプロフェン、グリチルリチン酸ジカリウムなどの成分の効果で
炎症をおさえて痛みやかゆみを鎮静化させる。

 

ニキビ菌を殺菌する

ニキビの元であるアクネ菌を殺菌し、繁殖を防ぐ効果を持つ。

 

・・・この三種類に大まかに分類されています。

複合した効果を持つ薬もあるので、
選ぶときには薬剤師に質問したり説明書きをよく読みましょう。

 

 

代表的な治療薬

ニキビ 治療薬

 

ここで紹介するのは、よく知られているクリームタイプのものです。

 

どれもドラッグストアや薬局、またはネット通販などで
手軽に手に入る薬なので、自分の肌や症状に合うことが確認できたら
用量と用法をよく守ったうえで試してみるのもいいでしょう。

 

 

クレアラシル(レキットベンキーザー・ジャパン)

ニキビ薬として有名で、クリームタイプのものや洗顔料が
知られていますが、化粧水やジェルなどの商品も展開しています。
ここではクリームタイプのものを取り上げて紹介します。

 

  • ニキビの頭部を開いて皮脂を吸引
  • アクネ菌の殺菌
  • 吹き出物の腫れや痛みをおさえる消炎

クレアラシルはこの三つの作用を持っており、ニキビを治します。
吹き出物の悪化を防ぐビタミンEも配合されています。

 

成分としては、

  • 角質を軟化させる作用、皮脂吸収作用、殺菌作用のある硫黄
  • アクネ菌殺菌作用、角質軟化作用、角質除去効果のあるレゾルシン
  • ニキビの炎症・赤みをおさえる効果を持つグリチルリチン酸ニカリウム

・・・などが使用されています。

 

クレアラシルの公式サイトはこちらです。

 

 

オロナインH軟膏(大塚製薬)

肌トラブル全般の万能薬であるオロナイン軟膏は歴史ある薬で
チヒロの実家にも常備されていましたが、
ニキビ治療の効用があることはあまり知られていないかもしれません。

 

チヒロも切り傷や肌荒れには使っていましたが
吹き出物の治療に使ったことはなかったので、
当時使っておけばよかったと今になって後悔しています・・・。

 

治療効果を持つ肌トラブルには、

  • ニキビ
  • 吹き出物
  • はたけ
  • 軽度のやけど
  • ひび
  • しもやけ
  • あかぎれ
  • 水虫(ジュクジュクしてないもの)
  • たむし
  • いんきん
  • しらくも

・・・などがあげられます。

 

医薬用殺菌薬クロルヘキシジンを用いた
クロルヘキシジングルコン酸塩液を主成分としており、
これは消毒や殺菌薬として広く使われているものです。

 

高い殺菌効果を持つことから、アクネ菌が炎症を引き起こして
できる、いわゆる「赤ニキビ」にはとくに有効です。

 

オロナインH軟膏の公式サイトはこちら

 

 

ビフナイト(小林製薬)

ビフナイトもまた、専門薬として名前を知られています。
洗顔料やローションなどの商品も展開していますが、
やはり一番よく知られているのはクリームタイプのものでしょうか。

 

  • 角質を軟化させる硫黄がつまった毛穴を開く
  • 粘土質のクリームが余分な皮脂を吸収する
  • 殺菌成分イソプロピルメチルフェノールがアクネ菌を殺菌する
  • 炎症をおさえる成分、グリチルレチン酸が腫れや赤みを鎮める

 

 

これらの効用を持っており、アクネ菌に高い効果を持つ
イソプロピルメチルフェノールが殺菌を行ってニキビを治し、
グリチルレチン酸が炎症をおさえる・・・とされています。

 

使用方法は、ていねいに洗顔を行って清潔にした肌に
患部がかくれるくらいのクリームを塗っておくだけです。

 

ビフナイトの公式サイトはこちら



 

 

いま話題のケア商品