人気閲覧ページランキング

簡単ストレッチが美肌効果を生む

ニキビ ストレッチ

 

運動と肌の健康は密接に関係しています。

 

まず、運動不足が体にもたらす影響を考えてみましょう。
ざっとあげられるのが、

  • 血行不良による頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • むくみ
  • 冷え

・・・これらの症状です。
それに前のページでも取り上げた便秘になる人もいます。

それでいて頭は仕事や勉強で使っているので疲労し、
不眠や体調不良を起こしたり、気分も沈みがちになってしまいます。

 

健康面にこれだけの悪影響をあたえる運動不足ですが、
肌や美容にかんすることにはどんな影響をあたえるのでしょうか。

 

 

運動不足と肌の関係

ニキビ 運動

 

運動不足は肌を荒れさせ吹き出物の原因となります。
まずは運動不足が肌にもたらす影響を見ていきましょう。

 

 

新陳代謝の低下

運動が不足することで全身の血行が悪くなり
自律神経の働きも低下してしまい、新陳代謝の機能が低下します。
新陳代謝が低下すれば肌が乾燥し、バリア機能の働きが鈍るのです。

 

バリア機能の働きが鈍れば、

  • ニキビ(アクネ)菌に対する抵抗力の低下
  • 過剰な皮脂分泌
  • 古い角質が毛穴につまる

・・・などが引き起こされ、吹き出物の原因や悪化につながります。
肌の乾燥とバリア機能について、くわしくはこちらのページで説明しています。

 

ホルモンバランスの乱れ

運動不足になるとホルモンバランスが乱れがちになってしまいます。
ホルモンバランスの乱れは皮脂の過剰分泌をうながして
吹き出物を作り、悪化させる原因となります。

 

ホルモンバランスとニキビにかんして、くわしくはこちらで説明しています。

 

ストレスがたまりやすい

体を動かさない生活がつづけば人の体はストレスを感じます。
ストレスはホルモンバランスの乱れにつながり、
肌荒れや吹き出物を作る原因となってしまいます。

 

ストレスとニキビにかんしては同じく、こちらでくわしく説明してあります。

 

便秘になりやすい

上でもあげていますが、運動が不足してしまうと
腹筋の筋力が低下し便秘になりやすいのです。

 

便秘になれば腸内の細菌バランスがくずれて悪玉菌がふえ、
その悪玉菌が排出する活性酸素が肌の老化をもたらしたり
善玉菌が減ることで肌を整えるビタミンB群の生成がさまたげられ
肌荒れを吹き出物を作ってしまう結果となるのです。

 

便秘とニキビにかんしては、こちらのページでくわしく説明してあります。

 

このように、運動不足はニキビを生じる要因のひとつなのです。
体を動かして運動不足を解消し、肌を健康を保ちましょう。

 

 

肌を健康にする運動

ニキビ 運動

 

しかし逆を言えば、適度な運動によって肌の状態は良好になるのです。
美肌作りに適した運動を紹介するので参考にしてみて下さい。

 

 

有酸素運動を行うことによる効果
  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳
  • サイクリング

これらの有酸素運動を行えば心肺機能が向上し、
血液の循環がよくなります。さらに代謝が上がることで
栄養の吸収も高まり、老廃物の排出がスムーズになります。
その結果、肌の状態も良好になるのです。

 

フィットネスを行うことによる効果
  • ヨガ
  • ピラティス
  • 加圧トレーニング

ヨガやピラティスはホルモンバランスを調整し、
各臓器の活性化、自律神経の調和、血液循環の促進などの効果があります。
くわえてリラックス作用にストレス発散作用もあり、
肌の調子を整えて美肌を作るのにうってつけと言えます。

 

腕と足のつけ根に加圧ベルトをつけることで適切な加圧を行い
血液の流れを一時的に制限するという「加圧トレーニング」は、
無酸素運動でもたらされる効果を軽い負担と短時間で得られる運動です。
これによって成長ホルモンの分泌が促進され、肌の調子がよくなるのです。

 

 

ニキビに効くストレッチを行おう

ニキビ ストレッチ

 

ここでは、肌の新陳代謝をよくして血行を促進し、
肌コンディションを整えてニキビを改善するストレッチを紹介します。
ストレス解消の効果もあるので、ニキビ治療にぴったりです。

 

普段運動を行ってない人にも簡単にできる手軽なものなので
毎日行うことを習慣づけて続けてみて下さい。
布団の上に寝転んだまま、または座ってできるストレッチです、
夜寝る前や朝起きたときに気軽にやってみましょう。

 

 

全身を伸ばすストレッチ

 

あお向けに寝転がって両手を組む

このとき足は少し広げ、つま先は上を向かせておく。

 

組んだ手を頭の上に上げ、全身を伸ばす

など全身の筋肉が伸びる。
伸びているか所を、頭の方から順に意識しながら伸ばすようにする。

 

腹筋のストレッチ

 

あお向けに寝転がり、両手を水平に広げる

体の力を抜き、筋肉を伸ばすようにイメージする。

 

寝転んだまま片足の上げ下げを行う

片方の足を膝を曲げて上に上げて、また下げて、これを10回繰りかえし
片方が終ればもう片方も同じように上げ下げを行う。
上げ下げの動作をゆっくり行うことが効果アップのコツ。

 

同じ姿勢のまま足を交差させる

あお向けに寝転んだまま、今度は左右の足を交差させる。
布団の上で左右の足を交差させたら、そのポーズを30秒保つ。

 

股関節のストレッチ

 

足の裏を合わせるようなポーズであぐらをかく

このとき手は、合わせた足の部分をつかむように置く。
あぐらの足は体に近く、膝は布団の上についた状態がのぞましいが、
無理なら足が体からはなれても、膝が布団からはなれてもOK。
ただし背筋は伸ばし、猫背にならないよう気をつける。

 

ひざに手を乗せ、ゆっくりと下に押す

大きく息を吸って、それを吐き出しながら
ゆっくりと10秒間膝を押しつづける。押している間吐くのを止めない。
この息を吐きながらひざを押す動作を10回繰り返して行う。

 

背中と腰のストレッチ

 

足の裏を合わせるようなポーズであぐらをかく

「股関節のストレッチ」と同じ体勢になる。
手の位置も同じく足の部分をつかむように置く。

 

足裏を合わせたポーズのまま、体をゆっくり前に倒す

ステップ1の姿勢を保ったまま体を前に倒していく。
このとき背筋は伸ばしておき、少し反らすようにしながら倒す。
背筋が伸びやすくなるコツは、目線を上の方に上げること。

 

大きく息を吸い、ゆっくり吐き出しながら10秒間倒す

この体を前に倒す動作を10回繰りかえして行う。
股関節だけでなく、背中と腰にも効果があるストレッチである。

 

股関節のストレッチは股間筋周辺のリンパ腺や血管を刺激して
血流やリンパの流れをスムーズにする効果を持っており、
肌の調子を整えます。簡単なストレッチが美肌効果を生むのです。

 

また、便秘解消にも効果を発揮します。



 

 

いま話題のケア商品